レンズ修理一段落

ボクが普段よく使うレンズの70-200mm f2.8(A009)がカメラに認識されないという不具合が発生し

2か月経ちようやく決着しました。

ただ、まだ油断はできませんが。

 

経緯

3か月前に絞りバネが不良になりタムロンへ修理へ出す⇒復活

また同じところに不具合・・・⇒再修理

しばらく問題なく完全復活かな〜と思っていたら突然レンズ認識エラー・・・⇒再修理へ

再びレンズ認識エラー発生⇒再修理へ

しかし、この時はレンズに問題ないとの回答あり、帰ってきたときにはしばらく使える状態に・・・なぞ?

再びエラー発生したので、カメラ側の問題なのか?⇒ニコンへボディとレンズを添付して出す。

カメラ側に問題ないので、付属のレンズの問題ではないかとの回答・・・

この時ももちろんレンズは使えない状態で帰ってきた⇒タムロンへ再修理依頼

しかし、報告を受けたエラーは確認できないとのことでメールでの問い合わせもしてくれて、

点検をしてくれたようなのですが、エラー症状がでないとの回答

今:普通に使えている

 

価格は最初の絞りバネ修理分をはらっただけで、あとは送った分の送料のみですが、地味に痛いですね・・・。

ニコンは問題がなかったので無償で送り返してくれました。ありがたや・・・。

 

といった状態です・・・。なんかタムロンに送ったら復活して帰ってくるという謎の現象・・・。

ニコンへも送って使えないのは確認してもらっているのでますます謎が深まってしまいました・・・。

なんだったんでしょうか・・・梱包されている環境でなんかいい感じになるんですかね(笑)

タムロンでレンズの清掃は行われるようなので、そこでなにかエラーの原因がとれているというのが

現実的でしょうかね(-_-;)

 

他のレンズならこんなになったら諦めてるんですけど、主力のレンズなので、

今は使えているけど、また前みたいにイベント中に鉄の塊になるのは勘弁してもらいたいものです・・・。

 

今日の写真は帰ってきたこいつで撮ったうちの子です。

 

photo:D750+70-200mm f2.8

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般 にゃんこ