撮ること

 

最近は写真を撮れてはいないのだけど、仕事であったり、プライベートなことであたっり、

撮った相手の許可を待たなければいけない写真などが多い人物写真が多いので、

ネットで公開できるまでに時間がかかります。

 

昔は色々あげていたのだけど、時代の移り変わりとネットマナーが確立してきて、

なかなか難しい時代になってきましたので、それに合わせてスタイルを変えていっているので、

まだ不慣れなとこもあって難しいのです・・・。

 

景色とか、猫とか動物相手がほんと気が楽だな〜と感じています。

景色はあまり撮る方でないし、猫も最近はうちの子以外撮る時間がなかったり、

撮ってもスマフォカメラで済ましてしまったりしていますね(-_-;)

 

ライブの写真もあとから公開してもいいか許可を得るスタイルなので、

良く知ったアイドルさんならいいのですが、初見のアイドルさんだと、いくら綺麗に撮っても?

って疑問に思うときもあるので意欲がわかない時もありますね。

だから、そのイベントのスタッフとして動くときがやはり全力で撮れている気がします。

 

ライブも最近は撮るより、観る、聴くの方へ重点を置いていたりして、

しっかりその人の魅力を見つけれるようにしていければなと考えています。

それを知ったうえで撮った方がやっぱり写真いも愛着がわきますからね。

 

アーティスト系のライブは専ら聴くのに専念するタイプではありますが。

(シャッター音がどうしても気になってしまう世界だったりするので、もともと難しいってのはありますけどね。

ほんと数枚しか撮らない。)

 

 

ほんと人物を撮った写真は、撮って相手に渡して完結という形が多くなったな〜って思います。

そこから色んな人の目に触れるのかはその人次第なので。

撮った写真の写りが気に入らなければ公開しないだろうし、気に入ってくれれば拡散してくれるだろうし、

その気に入るのもやはりカメラマン視点と、被写体からの視点で違うので、シビアだとは思うんですよね。

渡した写真の枚数に対して、これだけか〜と思うときもしばしば。

 

カメラマンとしての修業はまだまだ続きそうです・・・。

 

 

そういえば猫カフェめぐりしてないので、4月になったらどこかでやろうかなと思ってます・・・。

一日で6件ぐらいはしごしたい・・・。

 

photo:D750+28-75mm f2.8

 

JUGEMテーマ:日記・一般