失敗する

 

これ狙ってたんですけど、失敗した飛び猫写真・・・。

 

99%飛ぶってわかってたのに設定やらなんやら間違えた・・・。

 

後悔してもしきれない瞬間でした。

 

 

そんな時って生きていく中で何回もあるわけで、

 

この時こう話していれば、こういう対応をしていれば、あそこに行っていれば〜なんて山のように。

 

でも、そうやって選択していく過程があるから人生って面白いのでしょうけどね。

 

こういう写真の失敗は失敗なんですけど、

 

「君の膵臓を食べたい」でも桜良が言ってたように、選択して人と出逢うことは必然的なことなんだよね。

 

出逢ったことにはきっと意味がある。

 

写真を撮っていくうえで出逢いってのはたくさんある。

 

たぶん普通に写真趣味にしてないで、映画鑑賞とか、読書だけが趣味だったら今の交流している人脈って、

 

ほぼないと思うから。職場と自宅だけの生活とかしてたかもな〜って思うのです。

 

たくさんの人と出逢うことで、今までしてきた人生においての失敗を正すではないけど、

 

その分、いやそれ以上の生き方をしてやるって思えるようになりましたね。

 

今の若い子たちの行動力をみてほんとうらやましい。

地域活性化、政治なんかの真面目な方向で真剣に取り組んでいる子たちや、

バンド、弾き語り、路上ライブなんかの音楽活動で楽しんでいる子たちなんかを観ていると。

 

だから、そういう子たちと関わってちょっとでも手助けしてやる存在になれればいいな〜と思う。

 

このカメラスキルは無駄には決してならないはずだから。

 

photo:D750+70-200mm f2.8

 

個展のフライヤ〜考え中・・・・・・。