トライ & エラー




今日は2つのジャンルについての話を聞いた。

90年代の特撮についてと、みかんの話。

一見何も共通点がなさそうだったけど、良いものを作り続けたい!っていう情熱がどちらもあって、

名作というのは色々挑戦して作っているからこそ、その中にポツンと名作と呼ばれるものが生まれるのだな〜って結論でした。

良いものを作るには挑戦し続けることが大事ってのはヒシヒシと感じているのだけど、

するべき時間がないのを言い訳に避けてきている人生な気がする。

だから、自分は中途半端にこなしていることが多くなってしまっているんだろうなと。


色々さわってきているけど、何かを極めたりもしていないし、一つの知識に特化してるってわけでもないんだよね・・・。


少しついていけるけど、深くなるとあとは聴くしかなくなる。

まぁ、その極めている人たちの話を聴くのはとても面白い時間ではあるのですけどね。

だから、今日も楽しい時間だった。




今自分がしていることはカメラと介護の知識を蓄えていくのが楽しい時間でもあるし、

現実的に難しい問題がたくさんあって、それを解消するにはどうすればいいんだろ?とか悩むことも多いのだけど・・・

介護ってほんと難しいな・・・ってなってる。

今一番気になってるとこは、年を取るとなんで食べなくなるのか、認知症進行して食べ方を忘れてしまうこととか、

「食べる」ってこと。

人は食べなくなったら死に確実に近づきますから・・・。口から栄養を摂る行為ってのは本当に大事なことなんだよな〜って、

ここ最近亡くなった方の最期を思い返すと思います。

100歳超えている方は物事をあまりわかっていないんですが、しっかりと食べるという行為が出来ているので身体が

とても元気なのです。一方80歳ぐらいの食べなくなってきてる方の体力は衰えてきていて、

どうすれば元気になってくれるのだろうって試行錯誤なんですよね。

食べてくれれば解決する問題なのかもしれないけど、食べることを拒否されるので、

精神的な要因も絡んできているのだろうな・・・と、

そのカギを見つけることが出来ればいいのだけど、ピタッとはまるカギが見つからない状態ですね・・・。

そんなことを時間あるときに考えているので、なかなか答えが見つからない時を過ごしていますね。

 

探究していけばいつか真実に近づくことが出来ると信じて挑戦していきたい。

photo:D750+27-75mm f2.8



JUGEMテーマ:日記・一般

コメント