みち

 

自分の選んだ道がただしいかどうかなんてわからない。

 

周りにやっている人が少ないと不安になる時もあるけど、

 

そこに行けば必ず誰かがいて、同じ時間を楽しんでいる。

 

そんなこと思ったのも、

 

なんかね。同じような人いないな〜ってふと思った。

 

それが当たり前なことんばんだろうけど、みんな一緒だったら気持ち悪いしね。

 

 

自分が求めているモノで、それを表現してくれる人たち、

 

それを評価する人たち、それを批判する人たち、

 

対立した関係の人たちがいる中で、生きていく道をさまよっている。

 

一緒に気軽にこれ行こう〜って言える人が少なからずいてたらいいのにな〜って

 

思うこともあるけど、

 

微妙に好みがずれていたりして難しいね。

 

 

未知のモノに手を出していくってのは本当に難しい。

 

応援して、その人を他の人の良さを他の人にわかってもらうてのが・・・

 

それだけのボキャブラリーがあればいいんだけどね・・・。

 

もう生で聴いてみて!見てみて!って言うのが精いっぱいなときとかもあるしさ。

 

その人がどれだけ苦労してここまで来たかなんて、大半の人たちは評価もしないし。

 

今の現状の力量で物事を量る人がほとんどだろうなと思う。

 

この色々情報が溢れて、芸術に携わる人は何万といる。

 

その中で自分がコレだ!!って思うものに出会うのに、そんなその人の半生まで見てられないからな・・・。

 

興味をもって、ようやくその人がどんな生き方をしてきたんだろうって見るようになるから。

 

どうしたら、興味をもってもらえるのか悩むね。

 

いつも見てくれている方たち本当にありがとうございます。

 

 

photo:D750+70-200mm f2.8